• ホーム
  • カーデザイン科作品集 2013-2
学校法人国際総合学園 専門学校 新潟国際自動車大学校 DESIGN COLLECTION このウィンドウを閉じる
内藤 豊 Naito Yutaka (2013年度)
作品名:xoskeleton [ コンパクトSUVのデザイン提案 ]
Design Concept/異素材の組み合わせを自動車のデザインに取り入れたいと考え、亀の甲羅やサソリの甲殻のように、内部を保護する骨格が表面に露出しているようなデザインを取り入れた。特徴的なドアラインや奥行きのあるランプ周りは、内部を保護する骨格が表面を覆っている様子を表現した。また、直線と曲線を巧みに使い分け、硬さと柔らかさのあるものが一つに融合しているようにデザインした。車名は、外骨格を意味する< Exoskeleton >から名付けた。
Design Development/スポーティーなイメージを車体全体で表現するために、後ろに向かってルーフが下がるクーペスタイルのボディを採用した。しかし、後席が窮屈に感じられてしまうため、ドアラインに沿ってグラスラインを引き延ばしたデザインを考案した。これにより足元から明かりが差し込むようになり、開放感を得ることができるようになった。SUVの持つどこへでも走っていける走破性の高さと、都会的で洗練されたキャビンが薄いクーペスタイルの融合により、既存のSUVが持つ鈍重なイメージを払拭し軽快なイメージへと進化させた。
完成作品は、横浜市の Bank ART studio NYK にて2013年の3月14日から開催されたTETSUSON2013にて発表した。

オープンキャンパスお申込み・資料請求