学校紹介 GIAキャンパスライフ

学校紹介

学校理念

専門学校 新潟国際自動車大学校は創造と先進を取り入れ、高度な専門教育を実践することにより自動車業界で活躍する人財育成を教育目標として掲げています。

学校長 大橋 健次

国土交通省指定の整備士養成課程として

国内最高位の1級整備士を筆頭に2級整備士、車体整備士、3級整備士の育成を通じて専門分野の知識と技能のみならず人間性を伸ばし社会貢献する整備士を育成します。

専門教育課程として

モータースポーツとカーデザイン分野においては在籍時からレーシングチームや自動車メーカーと直接的な連携教育を実践し卒業後の即戦力として活躍できる人財育成に取り組んでいます。

職業実践専門課程として

当校設置の6学科、1級自動車整備科、自動車整備科、車体整備科、モータースポーツ科、モータースポーツ科2級整備科、カーデザイン科は文部科学省より職業実践専門課程として認定されており教育の質保証や企業連携カリキュラムを実践し卒業後の実社会で活躍できるよう専門的かつ実践的な職業教育を行っています。

整備士不足の対策として

近い将来の整備士不足問題が予測され国土交通省が自動車整備人材確保・育成推進協議会を立ち上げ自動車関連業15団体のうち本校は全国自動車大学校・整備専門学校協会の加盟校として参加し本校も諸般活動しています。

本校の取組 1

学生への経済支援制度など経済助力策として公的財源による奨学制度の斡旋や企業奨学制度の創設による学費支援制度の構築

本校の取組 2

留学生整備士を受入し整備士教育に取り組み整備業界に2級整備士有資格者として輩出する。

今後の自動車は石油から電気へエネルギーの転換や自動運転技術など大きく革新していくことでしょう。学校教育も技術革新に追随するよう対応してまいります。さらに整備士不足は自動車ユーザーの交通移動が不便になるだけでなく、物流の遅延や停滞による生活基盤への影響も予見されます。国民の安全で快適な生活基盤を支える自動車業界へ優秀な人材を輩出し社会貢献できるよう専門職業教育に取り組みます。

アクセスMAP 所在地

新潟駅南口にほど近く、暮らしやすく充実したキャンパスライフが送れます。

施設・設備

高度な技術習得には優れた学習環境が不可欠。クオリティの高い設備が、学びを支えています。
GIAでは自動車に関するさまざまな施設・設備を完備し、学生のスキル修得に直結する環境が整っています。放課後や休日もマイカー整備や部活などで利用が可能です。

オートモービルセンター(Aセンター)

自動車認証整備工場の機能を併せ持つ多機能センター

門柱オートリフト
フラットボードリフトではリフトアップできない大型車輌に対応したリフトです。
バックヤード
自動車整備実習に必要となるあらゆるパーツや測定器などを保管しています。
四輪ホイールアライメントテスタ
クルマの走行時の安定性に影響をもたらすタイヤの角度を測定することができます。
フラットボードリフト
自動車の下部作業を効率よく行えるよう床面がリフトアップします。
フレキシブルスペース
各階とも壁が可動式になっており、特に3F部分は全てを解放することで600m2を超えるスペースになります。
エントランスホール
休憩時間やオフタイムに自由にくつろぐことができるようになっています。
車輌搬送用エレベータ
各階へ車輌を搬送する為の設備で、トラックなどの大型自動車の搬送も可能です。
車輌検査ライン
自動車検査場と同じ検査ラインの各種テスターが用意されており車輌のチェックを行うことができます。
バイク実習室
750ccバイクを始めとして排気量の異なるバイクが数十台用意されています。
シャシダイナモメーター
タイヤからエンジン出力を直接計測する機械で、500馬力までを計測可能です。

グローバルセンター(Gセンター)

モータースポーツ&車体整備のガレージ

モータースポーツガレージ
フォーミュラマシン、レーシングカートなどの整備・セッティングを行います。
焼き付け塗装ブース
車輌に色を塗るための特殊なブースです。塗装面に空気中のチリなどが付着しないよう常にフィルターを通した空気が取り込まれています。
フレーム修正機アンカー
事故等の強い衝撃で歪んだ車のフレームを修正するために、5t以上の引っ張る力に耐えるよう、設計された床面構造です。
床面フラットボードリフト
自動車の下部作業を安全で効率よく行えるよう床面がリフトアップします。
モータースポーツ実習場
レース車輌のエンジンやミッションなどのオーバーホールを行います。
排気ガス換気システム
エンジンから排出さえる有害ガスを強制的に屋外へ排気するシステムです。

インテリジェンスセンター(Iセンター)

カーデザインと講義授業がメインのキャンパス

1F エントランス
2・3F デザイン教室・普通教室
デザインスケッチ実習や3D CAD実習などを行います。また、整備士試験などの国家試験対策をはじめ、講義授業を行います。
4F デザインアトリエ
オリジナルデザインのスケールモデルを制作する為、塗装施設や立体加工設備などが用意されています。

スピードパーク新潟

スピードパーク新潟とは
新潟県胎内市にある、国内最大級のレーシングカートコースとジムカーナコースを持つサーキット。GIAはこのスピードパーク新潟と教育提携を結び、サーキット内に専用のトレーニングセンターを設置。レースや実習を通じて、ドライビングテクニックとメカニック技術の向上を図っています。

モータースポーツトレーニングセンター

スピードパーク新潟内のGIA専用ピットガレージ

スピードパーク新潟とは

新潟県胎内市にある、国内最大級のレーシングカートコースとジムカーナコースを持つサーキット。GIAはこのスピードパーク新潟と教育提携を結び、サーキット内に専用のトレーニングセンターを設置。レースや実習を通じて、ドライビングテクニックとメカニック技術の向上を図っています。

キャンパスライフ

入学式

2017年4月8日、新潟市の朱鷺メッセにて、新潟市及び近郊の専門学校27校、約3,000名での合同入学式が行われました。式典終了後の記念ライブでは、在校生・教職員の有志によるミニライブも披露されました。

卒業式

自動車整備関連の国家試験は、毎年3月下旬の開催です。GIA専門学校新潟国際自動車大学校の学生は、カレッジリーグ全体で行われる合同卒業式を終えたら校舎へとんぼ返り。まずは国家試験対策の勉強に集中!
全力を注いで臨む国家試験が終わったら、卒業パーティが開催されます!

大学園祭

NSG夏フェスと題した専門学校27校で行われる大学園祭!留学生はフライドポテトの出店をしたり、アームレスリング大会、3on3バスケ、カラオケパフォーマンスではGIAの学生が大活躍!レーシングカーやスポーツカーも展示して学校案内も行いました!

就活キックオフ

内定獲得に向けて、カレッジリーグ全体での合同就職活動キックオフが行われます。総勢2000名規模で朱鷺メッセで開催されます!

大運動会

秋にはNSGカレッジリーグならではの圧倒的なスケールにて大運動会が開催されます!場所はビックスワン!GIAの学生はここでも、陸上にサッカーに大活躍でした!

総踊り 明和義人祭

9月に行われる新潟でのビックイベント「にいがた総おどり」にも参加!新潟市の至るところで踊りまくりの3日間。昨年は国際メディカル専門学校との合同チームで参加!カレッジリーグでは学校を超えての交流が出来るのも魅力のひとつです!!他にも明和義人祭という地域のお祭りにも参加します。

部活

GIAには自動車の学校ならではの部活動もあります!放課後や休みも技術を磨きながらかけがえのない仲間をつくろう!

01

チューニング部 

GIAの設備を使って自分のクルマをチューンナップ!様々な走行会にも参加します。有名なカー雑誌にも特集されるような全日本学生ドリフト王座決定戦に出場しました!

02

バイク部

GIAのバイク部は普段から様々なレースに参戦しています。部員みんなでツーリングにでかけることもありますよ!
夏休み中に参戦した第14回ライディングスポーツカップ仙台ハイランドミニバイク6時間耐久レースでは見事、準優勝に輝きました!

03

ドローン部

この春から新設される新しい部活です!今、話題のドローンを学び扱う部活です。何をしていくかもみなさん次第!絶賛部員募集中です!

志未来塾

未来塾とは、NSGカレッジリーグの各専門学校から、未来への大きな志を持ち、周囲との交流を希望する学生を募り、年間で固定メンバーとした勉強会の場です。自己の未来・新潟の未来・日本の未来・世界の未来を見据え、これからどのように行動していくべきかを、講演+講師との交流のなかから学びます。

国内研修

新潟だけでなく、国内の有名サーキットや一流メーカーなどクルマの現場研修に出かけます!業界の最先端技術を自分の目で確かめることが出来ます!

海外研修

日本を飛び出して世界の最先端の技術に触れることが出来ます。クルマの国際感覚を身に着けよう。仲間や先生と長い時間をともにすることは、かけがえのない思い出となります。

講師紹介

学校長 大橋 健次
教務部長 小泉 恵之
留学生教務部長 阿彦 毅
就職部長 樋浦 勇
1級自動車整備科
車体整備科
モータースポーツ科
モータースポーツ2級整備士科
学科長
大堀 和幸
自動車整備科 学科長 田村貴志
カーデザイン科 学科長 坂上 浩司
留学生教務部 学科長 大瀧 哲也

職業実践専門課程

職業実践専門課程とは、専門学校(専修学校の専門課程)における職業教育の水準の維持向上を図ることを目的に、文部科学大臣の認定により平成26年度から新たに設置(認定)された課程(学科等)のことを言います。

本来、専門学校は「職業若しくは実際生活に必要な能力を育成」することなどを目的として設置されていますが、職業実践専門課程は、企業と連携したカリキュラムの編成や自己評価の実施・公表などの認定要件が設定されている点が特徴です。

また、職業実践専門課程として認定されるためには、他にも「修業年限が2年以上であること」、「企業等と連携して、実習、実技、実験又は演習の授業を行っていること」、「保護者など学校関係者による評価の実施・公表」などの要件を満たす必要があります。

情報公開

職業実践専門課程として認定された専修学校の専門課程に関する別紙様式4

国際自動車大学校は創造と先進を取り入れ、高度な専門教育を実践することにより自動車業界で活躍する人財育成を教育目標として掲げています。

オープンキャンパスお申込み・資料請求