• ホーム
  • OB&OGインタビュー スペシャル 鬼山裕

OB&OGインタビュー

PROFILE

鬼山 裕 Yuu Oniyama

トヨタ自動車株式会社デザイン本部 デザイン管理部 モデルクリエイト室

2009年3月 カーデザイン科 卒業|柏崎工業高校 出身

私の仕事

世界のカーデザインの最前線で
モデラーを目指して勉強中です!
現在は、一年目の新人研修中で、主にクレイモデルの基礎を学んでいます。CADや木型実習(塗装や計測などを含む)など、クレイモデルをつくるための技術を約1年間かけてじっくり身につけているという感じですね。1日でも早く一人前のモデラーになって、1/1の原寸モデルを仕上げてみたい。自分が携わったクルマが世界中の街で走っているところを見るのが夢です。一人前といわれるようになるには10年くらいかかるらしいので、まだまだですけどね(笑)。
技術以上に感性を磨くことが
モデラーにとっての財産になる。
所属しているモデルクリエイト室には、日本全国からたくさんのクルマ好き、デザイン好きが集まっています。面白い人や個性的な人がいっぱいいて楽しいですね。夢や目標が同じ人の集まりなので、すごく学びやすく、居心地がいいです。話しやすいし、相談しやすいので、助かっています。プライベートでも、休日になるとアウトドア派の先輩が釣りに連れて行ってくれたり、音楽好きの仲間が集まってバンドを組んだりと、かなり充実しています。 モデラーの仕事は技術を身につけること以上に、いろんなことに興味を持って、どんどん感性を磨いていくことが大切なんですよ。

GIAの思い出

仲間との卒業制作で学んだ
モノづくりの難しさと楽しさ。
中学・高校時代から、クルマのデザインに興味があったのですが、それを仕事にするのはなんとなく難しいと思っていました。そんなときに、GIAにカーデザイン科があることを知って入学しました。毎日の授業は楽しかった。特に、スケッチやモデリングなどデザインに関する授業が好きでしたね。卒業制作では、電気自動車を共同制作したのですが、仲間同士意見を戦わせたり、現役のモデラーの方からアドバイスをいただいたりしました。いろいろ消化しきれない部分もあったのですが、共同でモノを作っていくことの難しさや楽しさを学ぶことができて、その経験は就活や今の仕事にも活かせていると思います。

高校生へのアドバイス

「○○になりたい」という熱意を
持つことが何よりも大切!
こうなりたいという熱意や情熱を持つことですね。技術や知識や行動は後からついてきます。「カーモデラーになりたい」「自動車メーカーに入りたい」という、その思いが強ければ、自然と勉強にも身が入るし、就職活動でもいち早く積極的に行動できるんじゃないでしょうか。私も、GIA入学当時は漠然と「クルマをデザインしてみたいなあ」と思っていたのですが、「モデラーという道もあるよ」という先生の適切なアドバイスのおかげで、モデラーになろうという「熱意」を早いうちから持つことができました。
最後に、就活にあたっての心構えを3つ。
  1. 「常に考えて行動すること」 なんとなくや、自分を甘やかしてごまかしていてはだめですね。何事も適当にしていては、結果は出ないものなんです。
  2. 「何にでもチャレンジ!」 これは関係ないとか、興味がないとか、思わないで、どんなことにもチャレンジして吸収する姿勢が大切です。
  3. 「絵は描けた方がいい」 デザイン系の仕事を目指している人に。クルマとは関係のないアート作品や絵画とかもたくさん見たり勉強しておいた方がいい。必ず役に立ちます。

本社(事務本館)の並びにあるトヨタ会館にて

モデラーとは?

モデラーとはデザイナーの描いたスケッチなどをもとに、外形や内装の立体モデルを造る人のことをいいます。 『モデルづくり』は専用の粘土と工具を使い、粘土を盛ったり削ったりしながら、イメージに近づけていき、最終的には実物のクルマと見間違う程のモデルを造っていきます。デザイナーの「こんなクルマを創りたい」という想いに応えるため、モデラーはデザイナーと想いを共有しそのカタチを具現化していきます。何度もトライ&エラーを繰り返し、出来上がったモデルは、やがて製品となって世界中を走り回るようになります。 モデラーは気力や体力、頭を使うため大変な仕事ですが、それ以上に、今までにない未来のクルマを自らの手で生み出す喜びを味わえる、他には無い充実感を得られる仕事です。
鬼山 裕 Yuu Oniyama 細田 輝龍
OB&OG紹介TOPはコチラ

オープンキャンパスお申込み・資料請求