• ホーム
  • OB&OGインタビュー スペシャル 千葉希

OB&OGインタビュー

PROFILE

千葉 希 Nozomi Chiba

スズキ株式会社 二輪製品技術企画部 二輪デザイン課

2009年3月 カーデザイン科 卒業 福島県立白河高校出身

私の仕事&プライベート

自分の仕事がカタチになる モデラーならではの喜び!

二輪製品技術企画部二輪デザイン課に所属し、モデル非接触測定やモデル塗装、CADによるモデリングを業務としています。塗装業務は何度も修正を繰り返すので大変ですが、完成して披露会でキラキラと輝いているモデルを見ると、とっても感激します!職場はユニークな先輩が多くて、なんでも笑いに変えてくれるので、どんなに忙しくても雰囲気が悪くなることはなく、とても働きやすい職場です。また、任せてもらえる仕事が多く、とてもやりがいを感じています。そんな職場は、私にとって「原点」です。社会人生活の「原点」でもあるし、バイクが生まれる「原点」でもあるからです。

休日は職場のみんなとツーリングに行ったり、釣りをしたり、体育館でスポーツをしたりと楽しく過ごしています。多趣味な人が周りに多いので、それに便乗して、私も新しいことにチャレンジしています!将来は、大型免許を取って、アメリカンのバイクをかっこよく乗りこなしたいと思っています♪

GIAの思い出

毎日の授業で学んだ 造形の本当の楽しさ。
手を動かして造形することの本当の楽しさをGIAで学びました。立体造形やデッサン、3DCAD、モデリングとGIAでは専門的な作業を毎日の授業で練習できるので、とても楽しかったです。学生時代に身につけたことは今の仕事で役立っているなと感じています。
あとは、特別なイベントよりも毎日の授業や、ちょっとした休憩時間にカーデザイン科のみんなでなかよく話したり、放課後に遊んだりしたことが思い出に残っています。大切な友人ができたことがGIAでの一番の思い出ですね。

高校生や後輩へのアドバイス

先輩の教えを自分の糧にすることと、新しい世界に飛び込む勇気が大切!
モデラーの仕事は「経験」がものをいう仕事なので、日ごろから先輩や先生の言うことをしっかり理解して、それを自分の糧にしていくことがとても大切です。皆さんも、日ごろから人のアドバイスをしっかりと聞き入れる力を身につけると良いかなと思います。
また、メーカーは日本全国からいろいろな人が集まって来るので、その人たちと一緒に仕事をすることで自分の世界観が広がります。後輩の皆さんの中には、知らない土地へ行くことに不安を覚える人もいるかもしれませんが、きっとそれ以上に楽しいことが待っていると思います。勇気を持って新しい世界に飛び込んでください!

モデラーとは?

モデラーとはデザイナーの描いたスケッチなどをもとに、外形や内装の立体モデルを造る人のことをいいます。 『モデルづくり』は専用の粘土と工具を使い、粘土を盛ったり削ったりしながら、イメージに近づけていき、最終的には実物のクルマと見間違う程のモデルを造っていきます。デザイナーの「こんなクルマを創りたい」という想いに応えるため、モデラーはデザイナーと想いを共有しそのカタチを具現化していきます。何度もトライ&エラーを繰り返し、出来上がったモデルは、やがて製品となって世界中を走り回るようになります。 モデラーは気力や体力、頭を使うため大変な仕事ですが、それ以上に、今までにない未来のクルマを自らの手で生み出す喜びを味わえる、他には無い充実感を得られる仕事です。
鬼山 裕 Yuu Oniyama 細田 輝龍
OB&OG紹介TOPはコチラ

オープンキャンパスお申込み・資料請求