第4回 高校生カーデザイン甲子園 結果発表 優秀賞作品 | GIA 専門学校 新潟国際自動車大学校 クルマのすべてが学べる自動車専門学校

第4回 高校生カーデザイン甲子園 結果発表

ホーム > 優秀賞作品01
  • mixi

優秀賞優秀賞

青森県立八戸西高等学校  2年 三浦 未玖利さん

デザインしたクルマの寸法 [ 全長:3,500mm 全幅:2,000mm 全高:1,000mm ]

この車は10年後でも車好きはいるだろうと思い、ヒストリックレーシングカーをイメージしたデザインにしました。 中身がしっかり決まっていないと車はかっこ良く見えないと思ったのでサスペンションやエンジンを考慮した少し現実味のある車にしました。

優秀賞作品01
  • 優秀賞作品01
  • 優秀賞作品01
  • 優秀賞作品01

審査員コメント

車好き、メカ好きに通じるマニアックな愛情を感じさせる作品だと思いました。“メカニズムがしっかりした車こそカッコ良い。そんな古典的とも言える車好きは10年後にも必ず存在する“。 この若い作者の提案には将来の車マニアに対する”希望“を感じさせるものがあります。正面から見た時のタイヤのキャンバー角やサイドから見たプロポーションにも古典的だけど車好きを魅了するツボ所を感じさせます。

日野自動車株式会社
 デザイン部 デザイン管理室 室長 刈込 日出男 様

車を運転する楽しさを、原点に帰ってプリミティブに表現したところが分かり易く、モノとしての愛着も沸きそうです。構造をもっとシンプルにするためにロールバーは固定式にしてそれをスタイリングの特徴にする方がこの提案にはふさわしいと思います。

エイ・ティデザイン
 代表取締役 八木 將雄 様

新しい技術や新しい機能を考える場で、「昔も今も変わらない魅力は将来においても不変なのではないか?」というメッセージが極めて簡潔に表現されています。それでいながら思考停止に陥らず、現代におけるスポーツカーの魅力を研究した上で、自分なりに解釈し、近未来への提案としている点を高く評価しました。

ジャーナリスト
古庄 速人 様

「自分が乗りたい」というテーマに最もピュアに応えた作品だと思います。車の詳細なディテールも設定されており、素直にイメージが伝わってくることが好印象でした。

EPOXY DESIGN
 代表/デザイナー 後藤 明寛 様

車というものに対する強い想いをストレートに表現した、大変強い気持ちを持った作品だと評価しました。
古典的な機能表現をあえて未来の車に定義することで作者なりの時代背景も明確に定義し、それが決して古臭いだけの表現になっていない点に好感を覚えます。この気持ちを持ちながら、次はもっと新しいデザインにチャレンジすると更に良くなると思います。

カーデザイナー
野口 利幸 様

主催:GIA 専門学校 新潟国際自動車大学校 後援:株式会社 エィ・ティデザイン・株式会社Too・株式会社トゥールズインターナショナル・株式会社フィアロコーポレーション・トヨタ車体・日野自動車