• ホーム
  • 学科コース
  • 自動車整備科

文部科学省認定 職業実践専門課程 文部科学省認定 職業実践専門課程

自動車整備科 2級整備士課程 2年課程 定員125名

自動車整備科 2級整備士課程 2年課程 定員125名

国内で34万人の整備士がクルマ社会の安全と安心を守っています。

整備士とは法律に基づき自動車整備に携わる仕事をする時に必要となる国家資格です。
国内で整備士として活躍する34万人のうち82%が2級整備士の有資格者です。(平成27年)

国家資格の2級整備士は4種類あります。

2級整備士は2級ガソリンエンジン整備士、2級ジーゼルエンジン整備士、2級自動車シャシ整備士、2級2輪整備士の4つに区分されています。
ガソリンエンジン整備士とジーゼルエンジン整備士はシャシも2輪も含みますが、シャシ整備士と2輪は分野が限定されているので、受験者の大多数はガソリンエンジン整備士とジーゼルエンジン整備士の取得を目指します。
運転免許の分類に例えてガソリン整備士は乗用車、ジーゼルエンジン整備士は大型トラックやバス・重機といえばわかりやすいでしょうか。
国内で登録(ナンバー付き)されている自動車台数のうち乗用車が圧倒的に多いため、2級ガソリンエンジン整備士が多くなっています。

自動車を安全に運行できるように点検・整備する仕事です。

自動車整備業は法律で一定以上の整備士人数を配置する事が定められている職種です。
3級整備士資格では出来ない業務も多く、国土交通省が許認可する整備工場では2級整備士が中心となって整備業務を行っています。
自動車の基本は「走る」「止まる」「曲がる」の3要素です。
「走る」=エンジン(動力装置)(燃料装置)
「止まる」=ブレーキ(制動装置)
「曲がる」=ステアリング(操縦装置)

運転者と同乗者が安全快適に運行できるように各装置の動作確認を行い状況に応じて点検・修理を行います。
主に自動車ディーラーの整備部門や許認可を受けた整備工場で2級整備士は、3級よりも高度な整備を担当し整備主任者や自動車検査員としても活躍しています。

主な資格

  • 2級ガソリン自動車整備士
  • 2級ジーゼル自動車整備士
  • 低圧電気取り扱い特別教育(ハイブリッド整備に必要)
  • 中古自動車査定士(小型)

など。

自動車整備科のポイント

01

全国最高レベル合格実績

過去10年2級ガソリン自動車整備士合格率 99% 1,300名/1,412名 (参考:H29年3月全国平均85.9%)
H28年度 合格率100% 98名/98名
働きながら資格を取得するより短期間での資格獲得を目指すことが出来ます。

過去10年2級ジーゼル自動車整備士合格率 99.8% 589名/590名
H28年 合格率100% 36名/36名

02

自動車検査員としての活躍も可能です。

国が行う検査制度は自動車が安全に公道を走行できる状態にあるかどうかを法律基準に合わせて検査することです。
自動車検査員は自社の工場で検査を行う「指定整備工場(民間車検場)」に必ず配置をしなければいけない有資格者なので待遇面でも優遇されています。自動車検査員になるには2級整備士を取得して整備主任者として1年(1級整備士は半年)の実務経験が必要です。
その際に2級シャシ整備士のみでは、一般的な整備工場で整備主任者に選任されないので2級ガソリン整備士又は2級ジーゼル整備士が必要条件となります。
注)2級二輪整備士も整備主任者になれますが、4輪は扱えません。

03

企業連携の新技術カリキュラム

飛躍的に進化する自動車新技術を自動車メーカーと連携して最新技術を学べるカリキュラムを導入しています。平成28年度は国内2メーカーのテクニカルアドバイザーによる最新技術の授業を実施しました。
教科書では学ぶことができない内容に学生達は真剣な眼差しで聞いていました。

04

最新技術搭載車両で学ぶ

日産セレナに搭載された自動運転(プロパイロット)や家庭充電できるトヨタプリウスPHVを実習教材車両として導入しました。試乗運転は勿論のこと構造や機能について整備士としての知っておきたい先端技術が学べるカリキュラムです。

05

世界のクルマ情勢を学ぶ(海外研修)

日本だけでなくヨーロッパやアメリカなど自動車を取り巻く環境やメーカー見学など、日本国内とは違う海外のクルマ事情を体験する海外研修を実施しています。

06

ベンツやBMWなど外車の点検整備も行います。

今や、新車販売台数の10台に1台は外車です。就職先が外車ディーラーになることや、外車の車検や整備依頼があることも珍しいことではありません。ためらうことなく点検整備できるように、外車を実習教材として導入しました。基本構造は同じでも独特の構造になっていることも多いのが特徴です。外車にも対応可能なカリキュラムとなっています。

08

主な就職実績

企業名 職種
新潟トヨタ自動車株式会社 トヨタ新車販売ディーラーメカニック
日産プリンス新潟販売株式会社 日産新車販売ディーラーメカニック
株式会社新潟ダイハツモータース ダイハツ新車販売ディーラーメカニック
新潟ヤナセ株式会社 ベンツ正規代理店ディーラーメカニック

09

在校生コメント

クルマ好きな自分が納得!

クルマが大好きです。街中、レースDVD、カー雑誌etc、とにかく好きなんです。地元の高校卒業後は自動車系へ進学せず家業を手伝っていましたが、自動車について勉強したいという気持ちが次第に強くなり、覚悟を決めて両親に相談してGIA入学を応援してもらいました。せっかく入学したので「取れる資格は全部取る!」「授業はその日のうちに理解する」を心がけています。遠回りした分、毎日を大切に取り組んでいます。今、車の勉強がすごく楽しいです。好きなことを学べることは、強烈に幸せです。もし皆さんにもやりたいことがあるなら、ぜひチャレンジしてほしいです!

佐藤 利也 十日町高校出身 > 自動車整備科卒業 > 1級自動車整備科編入

自動車整備科の年間時間割り

授業時間1,080時間/年 講義440時間 実習640時間 実習が多く実技力が身に付くカリキュラムです。

講義 40% 実習 60%
ガソリンエンジン構造
自動車工学
電気基礎
整備機器
など 
機械工作実習  エンジン実習
シャシ実習  自動車電装実習
測定実習  整備機器取り扱い
など

オープンキャンパスお申込み・資料請求