• ホーム
  • 学科コース
  • モータースポーツ2級整備士科

文部科学省認定 職業実践専門課程

モータースポーツ2級整備士科

■ レーシングドライバーコース ■ レーシングメカニックコース

レーシングドライバーとレーシングメカニックを目指す。

アルビレックスレーシングチームと連携して、レース業界にドライバーやメカニックとしてデビューできるオリジナルカリキュラムです。
未経験者でもドライバーを目指せるように競技用の「レーシングシミュレータ」を導入して安全かつ実践的にドライビング技術が習得できます。

2級整備士取得も目指す

卒業後に整備業界でも活躍できる2級整備士の取得を加えて目指します。
モータースポーツ課程で3級整備士を取得後に2級整備士後期課程を学びます。3年間修了後に、2級ガソリン・ジーゼル自動車整備士の国家資格の実技試験は免除され卒業後の就業選択幅が広がります。

モータースポーツ業界と整備業界の両方を進路選択できます。

モータースポーツの経験を生かしてレース業界やアフターパーツ分野への就職、2級整備士の国家資格を生かして自動車ディーラーや整備工場などを幅広く卒業後の進路を選択することができます。

モータースポーツ科2級整備科のポイント

01

レーシングカートからフォーミュラにステップアップ参戦

在校生全員にレーシングカートを貸与します。分解組み立てを通じて、エンジンの仕組みやタイヤの選択などレースに必要なスキルを身に付けカートレースに参戦しています。その後、学内トライアルを経てスーパーフォーミュラへ挑戦します。GIAはフォーミュラマシンを保有しているので、エンジン内部や足廻りのセッティングなどマシンを知り尽くした学生チームでレースに参戦しています。

02

レーシングシミュレータ

現役プロドライバーも練習に使用するレーシングシミュレータを導入しています。国内外のサーキットとフォーミュラマシンからスーパーカーまで数百通りの組み合わせで練習が可能です。アクセルワークとブレーキング、ステアリング操作など実際にコースインする前から誰でも安全確実にテクニックを向上させることができます。

03

現役レーサーから直接指導

卒業してアルビレックスレーシングチームなどから参戦している現役ドライバーから直接指導を受けられます。
ドライビングテクニックだけでなくレースの裏舞台や現在の活動報告など、レース業界のイマを体験できるカリキュラムです。

04

自動車検査員になることができます。

国が行う検査制度は、自動車が安全に公道を走行できる状態にあるかどうかを法律基準に合わせて検査することです。
自動車検査員は、自社の工場で車検を行う「指定整備工場(民間車検場)」に必ず配置しなければいけない有資格者なので待遇面でも優遇されています。自動車検査員になるには2級整備士を取得して整備主任者として1年(1級整備士は半年)の実務経験が必要です。その際に2級シャシ整備士は除外になるので2級ガソリン自動車整備士又は2級ジーゼル自動車整備士が必要条件となります。
注)2級2輪整備士も整備主任者になれますが、4輪は扱えません。

05

全国最高レベル合格実績(2級ガソリンエンジン整備士)

過去10年合格率 99% 1,300名/1,312名(参考:H28年3月全国平均85.9%)
レースに加えて2級整備士もしっかり取得するカリキュラムで全国平均を上回る合格実績です。

06

企業連携の新技術カリキュラム

飛躍的に進化する自動車新技術を、自動車メーカーと連携して最新技術を学べるカリキュラムを導入しています。平成28年度は日産、マツダ、スバル、ホンダ、スズキ、ダイハツ、アウディ、フォルクスワーゲン、BMWの9メーカーの新技術の授業を実践しています。

07

最新技術搭載車両で学ぶ

日産セレナに搭載された自動運転(プロパイロット)や家庭充電できるトヨタプリウスPHVを実習教材車両として導入しました。試乗運転は勿論のこと、構造や機能について整備士として必要とされる先端技術が学べるカリキュラムです。

08

世界のクルマ情勢を学ぶ(海外研修)

日本だけでなくヨーロッパやアメリカなど自動車を取り巻く環境やメーカー見学など、日本国内とは違う海外のクルマ事情を体感する海外研修を実施しています。

09

主な就職実績

企業名 職種
プロデビュー(自営)  レーシングドライバー
バイク王&カンパニー バイク販売ディーラー整備士
ジュンオートメカニック レーシングチームメカニック
ジュンオートメカニック レーシングチームメカニック
中嶋企画 レーシングチームメカニック

09

在校生コメント

学んだ分だけ、ひろがる未来の可能性

自動車整備にプラスして何かを学びたいと思い、モータースポーツ2級整備士科への進学を決めました。SUPER GT等の大きなレースにスタッフとして関われたこと、鈴鹿F1日本GPのドリームカップに参戦中にクラッシュというトラブルにも諦めずに無事完走できたことは日頃から培ってきたチームワークが、あったからだと思います。入学してからの2年間で数々の貴重な体験をすることができました。将来的は自動車整備士として働きながら自分の力でレースに参戦して、授業の中で学んだことをどちらの分野にも活かしていきたいです! 

伝刀 拓磨 長野県上田千曲高校出身 > モータースポーツ2級整備士科卒業

モータースポーツ2級整備科の年間時間割

授業時間1,070時間/年 講義212時間 実習858時間
サーキット走行やレースマシン構造などモータースポーツならでは特徴あるカリキュラムです。

講義 20% 実習 80%
レース競技規則
エンジン構造
自動車工学
整備機器
など 
サーキット走行  レースマシン機能構造  エンジン実習
シャシ実習  ホイールアライメント  レースシミュレータ練習
自動車電装実習
など

3年次は2級整備取得を中心のカリキュラムになります。
授業時間1,080時間/年 講義432時間 実習640時間 実習が多く実技力が身に付くカリキュラムです。

講義 40% 実習 60%
ガソリンエンジン構造
自動車工学
電気基礎
整備機器
など 
機械工作実習  エンジン実習
シャシ実習  自動車電装実習
測定実習  整備機器取り扱い
など

モータースポーツ科の年間時間割

1年 2年 3年
4月 ・入学式
 ・オリエンテーション
・SPN2&4
5月  ・健康診断
・SPN2&4
 ・健康診断
・SPN2&4
・日本選手権F3インターンシップ
・健康診断
6月 ・SFJデビューチャレンジ
7月 ・大学園祭
・国内研修
 ・クラス行事
・SPN2&4
 ・大学園祭
 ・韓国開催SFJレースチャレンジ
・SPN2&4
・大学園祭
8月 ・夏休み
・資格講習
 ・全国学生カート選手権
・夏休み
・資格講習
・全国学生カート選手権
・夏休み
9月
10月 ・SPN2&4 ・F1日本GPSFJサポートレースチャレンジ
・SPN2&4
11月 ・スポーツ大会 ・海外研修
 ・スポーツ大会
・スポーツ大会
12月 ・冬休み ・冬休み ・冬休み
 ・新技術講習
1月 ・就職ガイダンス ・国家試験合宿 ・国家試験合宿
2月
3月 ・就職活動 ・卒業式
 ・国家整備士試験
・国家整備士試験

略語注釈
※SFJ :フォーミュラカテゴリースーパーFJ
※SPN2&4 :スピードパーク新潟にて開催されるレーシングカートレース 4月~10月まで5戦エントリーしてレースを感覚を磨きます。

オープンキャンパスお申込み・資料請求