OB&OGインタビュー

秋松 憲人 Kento Akimatsu

トヨタ自動車株式会社 車両技術開発部

モータースポーツ科卒業  

私の仕事&プライベート

試行錯誤を繰り返しクルマの乗り心地を追求!

小型車両の操縦安定性・乗り心地性能に関する開発と評価が主な業務です。具体的には、開発中の車両のテストドライバーとして、あらゆる部品を交換しながらのデータ収集や、自らの感覚による評価(官能評価)を行っています。わずかな性能の変化を身体で感じる必要がありますが、そのために求められる技術・スキルはしっかりと身につけています。大変なことも多い分、納得のいく性能に仕上がった時の喜びは格別ですね。また、開発に携わったクルマを街中で見かけるととても達成感があります。

元々クルマを運転することが好きということもあり、休日はよくサーキットに遊びに行きます。仕事で身につけた知識や運転技術、整備のスキルを活かし、自分でメンテナンスも行いつつ楽しんでいます。

最近では、コース周回のベストタイムを競い合う「サーキットトライアル」という競技にも参加し、日々腕を磨いています。

 

 

GIAを選んだキッカケと思い出

好きなことを学びながら、確実に夢に近づける環境。

全国でも数少ない「モータースポーツ科」があり、カリキュラムも充実していたため、誰にでもドライバーやメカニックになれるチャンスがあると思ったのがキッカケです。

自分のやりたいこと、将来のことを考えると、好きな分野を学びながら2級・3級自動車整備士といった一生モノの資格も取得出来るGIAがピッタリでした!

様々な種類のレーシングカー・カートの製作など、他校ではなかなか出来ない体験をさせてもらいました。その中でも、国内最高峰のレース「SUPER GT」参戦チームへのインターンシップを経験出来たことは、GIAのモータースポーツ科ならではの貴重な思い出です。そして何より、「クルマが好き」という共通点を持つ友人たちと出会えたことで、楽しい学生生活を送る事が出来ました。

 

 

高校生や後輩へのアドバイス

クルマへの愛を忘れずに、常にチャレンジ!

時代と共に、業界全体が変化しつつある昨今。ですが、この先何があっても、「クルマが好き!」という気持ちと、「こんなクルマを作りたい!」という熱意さえあれば、大抵のことは乗り越えられるハズです。

また、どんな経験も必ずどこかで役に立ちます。勉強も遊びも、今しか出来ないことにたくさん挑戦しながら、夢に向かって頑張ってください!

 

OB&OG紹介TOPはコチラ

オープンキャンパスお申込み・資料請求