NEWSニュース

分解したら、復元します・

分解したものは、元に戻す!

 

これ!基本です。

 

車体整備士の場合は、元に戻すときにもっと綺麗に元通りに戻せるはずです。

 

さて、実習開始です。

溶接のスパッタ(火花)で火災が起こらないように

 

スパッタシートで覆います。

仮溶接などではやはりこれ!

 

スポット溶接機が必須

 

それでも足りないので半自動アーク溶接機も用意!

 

あっという間にバックパネルも取り付け出来そう

 

スポット溶接では作業の難しい部分はやっぱりぴかっとしましょう

 

こちらもピカッと

 

その他の外装パーツを仮付けしてボデーの変形を確認し

 

ほぼ、溶接取り付けは終了かな残るはカット部分の処理と塗装作業だね!

 

あれ?学生たちのレベルが上昇中ですね!

 

最近は!

 

成長してるね

 

では