施設案内 | GIA 専門学校 新潟国際自動車大学校 クルマのすべてが学べる自動車専門学校

FACILITIES AND EQUIPMENT

施設・設備

高度な技術習得には優れた学習環境が不可欠。クオリティの高い設備が、学びを支えています。

GIAでは自動車に関するさまざまな施設・設備を完備し、学生のスキル修得に直結する環境が整っています。放課後や休日もマイカー整備や部活などで利用が可能です。

オートモービルセンター(Aセンター)

自動車認証整備工場の機能を併せ持つ多機能センター

門柱オートリフト
フラットボードリフトではリフトアップできない大型車輌に対応したリフトです。
バックヤード
自動車整備実習に必要となるあらゆるパーツや測定器などを保管しています。
四輪ホイールアライメントテスタ
クルマの走行時の安定性に影響をもたらすタイヤの角度を測定することができます。
フラットボードリフト
自動車の下部作業を効率よく行えるよう床面がリフトアップします。
フレキシブルスペース
各階とも壁が可動式になっており、特に3F部分は全てを解放することで600m2を超えるスペースになります。
エントランスホール
休憩時間やオフタイムに自由にくつろぐことができるようになっています。
車輌搬送用エレベータ
各階へ車輌を搬送する為の設備で、トラックなどの大型自動車の搬送も可能です。
車輌検査ライン
自動車検査場と同じ検査ラインの各種テスターが用意されており車輌のチェックを行うことができます。
バイク実習室
750ccバイクを始めとして排気量の異なるバイクが数十台用意されています。
シャシダイナモメーター
タイヤからエンジン出力を直接計測する機械で、500馬力までを計測可能です。

グローバルセンター(Gセンター)

モータースポーツ&車体整備のガレージ

モータースポーツガレージ
フォーミュラマシン、レーシングカートなどの整備・セッティングを行います。
焼き付け塗装ブース
車輌に色を塗るための特殊なブースです。塗装面に空気中のチリなどが付着しないよう常にフィルターを通した空気が取り込まれています。
フレーム修正機アンカー
事故等の強い衝撃で歪んだ車のフレームを修正するために、5t以上の引っ張る力に耐えるよう、設計された床面構造です。
床面フラットボードリフト
自動車の下部作業を安全で効率よく行えるよう床面がリフトアップします。
モータースポーツ実習場
レース車輌のエンジンやミッションなどのオーバーホールを行います。
排気ガス換気システム
エンジンから排出さえる有害ガスを強制的に屋外へ排気するシステムです。

インテリジェンスセンター(Iセンター)

カーデザインと講義授業がメインのキャンパス

1F エントランス
2・3F デザイン教室・普通教室
デザインスケッチ実習や3D CAD実習などを行います。また、整備士試験などの国家試験対策をはじめ、講義授業を行います。
4F デザインアトリエ
オリジナルデザインのスケールモデルを制作する為、塗装施設や立体加工設備などが用意されています。

モータースポーツトレーニングセンター

スピードパーク新潟内のGIA専用ピットガレージ

スピードパーク新潟とは

新潟県胎内市にある、国内最大級のレーシングカートコースとジムカーナコースを持つサーキット。GIAはこのスピードパーク新潟と教育提携を結び、サーキット内に専用のトレーニングセンターを設置。レースや実習を通じて、ドライビングテクニックとメカニック技術の向上を図っています。

http://www.speed-p-niigata.jp/

NSGカレッジリーグで学びたい外国人の皆様へ

このページの先頭へ