• 学校紹介

文部科学省認定 職業実践専門課程

モータースポーツ科

3級整備士課程 2年課程 定員10名


■ レーシングドライバーコース ■ レーシングメカニックコース ■ eスポーツコース (新設)

リアル(現実)とeスポーツレーシングドライバーを目指す

モータースポーツ科 紹介動画

2019年全国都道府県対抗 eスポーツ選手権が行われ、eモータースポーツ GT(グランツーリスモ)SPORT日本一のプレイヤーが誕生しました。新潟県代表はGIAモータースポーツ科卒業生が代表となりレースに参戦しました。
eスポーツドライバーからリアルレーシングドライバーへ それともeスポーツで世界を制するか?

2020年度からeスポーツコース始動

2020年4月新入生よりモータースポーツ科にeスポーツコースを新設します。従来カリキュラムではレーシングカートから初めてフォーミュラへステップアップ途中にレーシングシミュレータを既に導入しておりオフシーズンでもトレーニングできる教育環境を提供していました。更にeスポーツコースではグランツーリスモSPORTを採用しマシンセッティング知識とドライビングテクニック向上を目指します。

モータースポーツ科

01レーシングカート実習

1人1台のレーシングカートを使用し、工具の使い方から自動車の基本構造を整備しながら学んでいきます。

02自動車整備士カリキュラム

モータースポーツの実習と同時に自動車整備士取得のためのエンジンオーバーホールやブレーキ整備など自動車整備技術を学びます。

03フォーミュラー実習

2年生に進級後は軽自動車660CCエンジンを搭載したフォーミュラ入門マシンでドライビングテクニックを学び、スーパーFJへステップUP。学生ドライバー+学生メカニックの学生チームで国内サーキットレースに参戦!
実習では頸椎を保護する為のハンスを装着しています。

04ツーリングカー実習

FF車、FR車を運転して車両運動性能の違いや、オイル、タイヤ、ブレーキパッド、サスペンションなどサーキット現場でパーツを交換して変更前と後の違いを走行して学んでいきます。

05eモータースポーツ実習

GT(グランツーリスモ)SPORTを使用してドライビングテクニック、車両セッティング、レース戦略を学びeモータースポーツレースに参戦。また走行中の動きを7つのシリンダで瞬間的に再現できるレーシングシミュレーターを2016年から教育に採用しており冬季の練習や本レース直前まで校内で練習可能!

取得を目指す主な資格

  • 〇SLカートライセンス
  • 〇JAF国内B級ライセンス
  • 〇国内サーキットライセンス(サーキット毎に走行にはライセンスが必要です)
  • 〇3級自動車整備士(国家資格)
  • 〇低圧電気取り扱い特別教育
  • 〇タイヤ空気充てん作業特別教育

溶接、保険資格など 業界に必要で有効な資格を在学中に数多く取得できます

国家資格3級整備士の実技試験が免除になり筆記試験のみ(モータースポーツ科 2年制)

過去5年3級ガソリン・エンジン自動車整備士合格率 100% 65名/65名
資格もしっかり取得するカリキュラムで全国平均を上回る合格実績です。