• 学校紹介

文部科学省認定 職業実践専門課程

自動車整備科

2年課程 定員50名2級整備士課程

実践的な整備のチカラを学ぶ

2年間でクルマの基礎から応用まで技術習得ができる環境が整っています。 また、スピードパーク新潟を実習施設として利用でき、整備車両のテスト走行も可能。

自動車整備科 紹介動画

自動車を安全に運行できるように
点検・整備する仕事です。

自動車整備業は法律で一定以上の整備士人数を配置する事が定められている職種です。3級整備士資格では出来ない業務も多く、国土交通省が許認可する整備工場では2級整備士が中心となって整備業務を行っています。 自動車の基本は「走る」「止まる」「曲がる」の3要素です。
「走る」=エンジン(動力装置)(燃料装置)
「止まる」=ブレーキ(制動装置)
「曲がる」=ステアリング(操縦装置)

安全・安心に運行できるように点検・修理を行います。 2級整備士は整備主任や自動車検査員を取得して活躍しています。

主な資格

2級ガソリン自動車整備士 / 2級ジーゼル自動車整備士 / 低圧電気取り扱い特別教育(ハイブリッド整備に必要)/ 中古自動車査定士(小型)など。

自動車整備科のポイント

01開校26年 3,068人の3級整備士が全国のクルマ業界へ就職
2級ガソリン整備士 9年連続100%合格達成!

2020年
卒業生合格率

100%

全国平均88.2%

2級ジーゼル整備士 10年連続100%合格達成!

2020年
卒業生合格率

100%

全国平均91.9%

02卒業で整備士実技試験は免除されます。
国土交通省指定学校だから卒業までの実習1,200時間履修で整備士の実技レベルが身についているとされ実技試験が免除され「筆記」試験合格で取得できます。
03企業連携で最新技術を学ぶ
飛躍的に進化する自動車新技術を自動車メーカーと連携して最新技術を学べるカリキュラムを導入しています。
04グランツーリスモを教材として正式導入
タイヤ・サスペンションホールアライメント・ギア比・空気抵抗などを微細に調整した後に実走行同様に走行性能を体験します。
「わかりやすく」「おもしろく」多くの体験を通して学習を進めます。
05整備後の車両はスピードパーク新潟でテスト走行
自動運転(プロパイロット)や家庭充電できる車を実習教材車両として導入し、試乗運転は勿論のこと構造や機能について先端技術が学べるカリキュラムです。
06ベンツやBMWなど外車の点検整備も行います
今や、新車販売台数の10台に1台は外車です。就職先が外車ディーラーになることや、外車の車検や整備依頼があることも珍しいことではありません。ためらうことなく点検整備できるように、外車を実習教材として導入しました。基本構造は同じでも独特の構造になっていることも多いのが特徴です。外車にも対応可能なカリキュラムとなっています。
07卒業生紹介
クルマ好きな自分が納得!
車のことが何一つわからずに入学したので授業についていけるか不安でしたが、分かるまで丁寧に教えてくれる先生方ばかりで、GIAで学ぶことができて本当によかったと思っています。就職活動も最後までサポートしていただいて感謝しています。車の整備をしている中で、「学校で見たことある!」と感じた場面や、「実習で作業したことある!」という場面が多々あるので、授業で学んだことは職場でしっかり活かされています。
若杉 沙美 新潟商業高校出身 >自動車整備科卒業 >日産サティオ新潟勤務

自動車整備科の年間時間割

授業時間1,080時間/年 講義440時間 実習640時間 実習が多く実技力が身に付くカリキュラムです。

講義 40% 実習 60%
ガソリンエンジン構造 自動車工学 電気基礎 整備機器 など 機械工作実習  エンジン実習 シャシ実習  自動車電装実習 測定実習  整備機器取り扱い など