• ホーム
  • 1年生 エンジン降ろし~トランスミッション整備

1年生 エンジン降ろし~トランスミッション整備

モータースポーツ科

2017.12.09

12月に入りモータースポーツはシーズンオフに。。。

モータースポーツ科もこれから冬眠💤!?

 

ではなく、

これから来年に向けた車両の大整備が始まります!

 

1年生は4月からレーシングカートと市販車の個々の部分の整備を行ってきました

その経験を活かして、これから来年走行する車両の整備を行います。

 

整備車両は、

11月のフォーミュラー実習で走行した「フォーミュラkei」

 

「FJ1600」

 

今年2年生が初表彰台を獲得した「スーパーFJ」

 

最初に駆動系を中心に整備を行います

この3車はトランスミッションもそれぞれ、縦置き型、横置き型、レーシング用ドグミッションと種類が違うので個々の構造も一緒に勉強して確認していきます。

 

最初にジャッキアップを行い、タイヤ、カウル、ウイングを外し

 

フォーミュラーkei

 

FJ1600                 スーパーFJ

 

フォーミュラーkeiは

横置き型トランスミッションのためエンジンと一緒に降ろしていきます

 

 

 

 

 

 

 

ミッションケースを外してギヤが見えました!

 

こちらは縦置き型ミッションのFJ1600

 

 

 

こちらはリヤサスペンション周りを外して、ミッションが降りました。

 

最後にスーパーFJ

 

 

はじめてのレーシング用ドグミッション

構造をよく確認し、ギヤを入れ替え、何度も組んでは外しての脱着練習をしています。

 

整備は始まったばかり

まだまだ続きます。